メンタルケア

「相手が何を考えているか」を読もうとし過ぎて疲れる方へ。

どうも、神経質なブロガー・小松です(笑)

僕は昔から、相手が何を考えているかを過剰に読もうとしてしまう癖があります。

癖というか、もうそれが人とのコミュニケーションの基本になっているって感じですね。

良く言うと、人の気持ちを考えて発言したり行動できるということですが、悪く言うと、めちゃくちゃ疲れるんですよね(泣)

だから基本的には1人でいるほうが好きだし、1人でいることのほうが断然多いです。

人が多い場所が苦手

人が多い所に行くと、すれ違う人を見て「僕のことを悪く思ってるんじゃないのかなぁ?」とかってついつい考えてしまいます。

自意識過剰ですよね(笑)

自分でもわかっているんですが、やっちゃうんです。

だから人が多いところは非常に疲れるので苦手ですね。

なんか常に「この人はなにを考えているのかなぁ?」と探ろうとして疲れます。

我ながら洞察力は鋭いと思う

僕はいわゆる、「物事を悪い方向に考えてしまいやすい性格」ってやつですが、でもこの性格のおかげで、洞察力にはかなり自信があります。

他人のウソや建前もだいたいわかりますね。「あ〜、このひと絶対そんなこと思ってないんだろうな〜。」みたいな(笑)

あと、相手の立場に立って話を聞くことができるので、その人がどうやったら今抱えている問題をクリアできるのかも大体わかっちゃったりします。

この性格を活かしてオンライン人生相談をやらせてもらってます。

https://yarebadekirusa.com/consul/

何かお悩みを抱えているなら気軽にご相談下さい(^^)

なんか、営業みたいになっちゃいましたね(笑)

とにかく前向きになってほしい

でも今回言いたいのはそんなことよりも、僕のように神経質な方に前向きになってもらいたいということです。

相手が考えていることを読んでしまう人って、かなり精神的に疲れやすいし、日頃から色々考えてしまうと思います。

なんでもっと気楽に生きられないのかな…。」なんて思ったことはないですか?

僕はしょっちゅうあります(笑)

でも、あなたがそんな性質を持ったのには必ず理由があります。

その性質を活かして何か人の役に立てることが絶対にあるはずなんです。

神様は要らないものを人に与えませんからね。

さいごに

ということで、今回は相手の考えていることを読みすぎて疲れてしまうという方へ向けたお話でした。

生きていくのには一見不便に感じる性質かもしれませんが、必ず活かせる方法や環境があるので、安心して下さい!

繊細な人には繊細な人にしかできない役割がありますから、他の人と比べて「自分はだめだ」なんて思わなくて良いんです。

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です