メンタルケア

小松が人生に迷って絶望している時に励まされている曲とその歌詞

どうも、小松です。

今回は、僕が人生が思い通りに行かなくて生きることが嫌になった時によく聴いている曲と、その曲に含まれているステキな歌詞をご紹介します。

僕と同じようにメンタルが折れやすい方はぜひ。

その曲名は?

曲名は布袋寅泰さんのソロ曲「PRISONER」です。

小松りょう
小松りょう
プリズナーと読みます。

プリズナーとは、日本語にすると「囚人」。

つまり、罪を犯して監獄に入れられている人のことを指します。

この「PRISONER」という曲は現代に生きる僕たちのことを「囚人」に例えています。

囚人と言うか、「第3者によって意図的に操られている人」って感じですかね。

自分の思い通りに生きたいのに、なかなかそうはいかない僕たち現代人を鼓舞するような熱い曲です。

何に操られている?

結論から言うと「お金」でしょうね。

現代はお金が人々を支配しています。

なので、人はお金を稼ぐためになんとか「お金を稼げる自分」になろうとします。

そのためお金を稼ぐための手段を外側に見出そうとして、どんどん自分の軸を見失っていきます。

なので、自分を見失って苦しむ人が増えていくんですよね。

僕たちは「お金の奴隷」と言ってもいいでしょう。

励まされている歌詞は?

僕がこの曲の歌詞に励まされている一節があります。

それが最後の方にある

もう一度だけ鏡を見ろ
お前は決して仕組まれた未来
ただ待つ為に生まれたんじゃない

迷った時はそのビート・エモーション
心に誓い風上に立て
風上に立て 風上に…

DON’T GIVE UP

引用元:https://www.kkbox.com/hk/tc/song/2wmv51c-NTH46tbr46tbr0PL-index.html

という歌詞になります。

つまり、「人生に迷った時は自分と向き合え」ってことです。

僕たちは多くの場合、自分を失って迷っている時に外側に答えを探そうとしてしまいます。

ですが、人生の答えは外側にはありません。

「迷っているときこそ自分と向き合え。」

布袋さんからのメッセージに僕は毎回救われていますね。

僕は最近また自分を見失いつつあるので、この曲を聴く回数が増えています(笑)

さいごに

ということで、今回は僕が人生が上手く行かない時に励まされている曲とその歌詞をご紹介しました。

その曲とは「PRISONER」という曲でしたね。

あなたも時分を見失って苦しい時はぜひ1度聴いてみて下さい。

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です