人生哲学

結局、人生は自分が他人から必要とされるような人間になるしかない。

どうも、小松です。

今回は「結局、人生は自分が他人から必要とされるような人間になるしかない。」という内容をお送りしていきます。

僕は今まで人生を逃げてきたし、今も現実逃避の真っ最中です。

そんな僕が「どうすれば今の状況を打破できるか?」を考えた時、毎回この結論に至るんですよね。

人生って結構シンプルです。

自分を食わすお金を稼ぐことができず、ただお金がかかるだけのペットのような人間になってしまうと、自分のメンタルがしんどくなります。

当たり前ですよね。

自分が他人のエネルギーを奪って生きていることを実感して生きるわけですから。

奪われている方もしんどいですが、それを自覚している自分も結構辛いです。

実際、今の僕はそんな感じです。

今僕は母親に食わしてもらってます。

もっと言うと、母親に生かしてもらっています。

自分でお金を稼ぎたいのに、上手くいかない。

就職してもすぐに仕事が嫌になってしまって辞めてしまいます。

そんな自分を知っているから怖くて再就職もできません。

たぶん逃げ続けているんでしょう。

現実逃避の真っ最中です。

どうやったら今の自分のプライドを支えられるかをただただ考えています。

一応ブログマネタイズの知識と実績はありますが、それを使ってお金を稼ごうとすると全くモチベーションが続かなくなります。

これが僕の乗り越える壁なのでしょうか?

もしそうだとしたら辛すぎます。

自分のことを必要とされないと生きている心地がしなくなります。

ブログを書いていても「なんで自分はこんなことをやっているんだろう?」という虚しい気持ちになります。

こんな僕はどうしたらいいんでしょうか。

でも結局は「自分が誰かから必要とされる人間に成長するしかない」と思っています。

それまでは孤独に作業していくしかないんだと思います。

それが嫌なら腹をくくって再就職をするしかないでしょう。

でも僕はお金のために自分の心を殺して働くことはできない人間です。

なので、苦しくてもしぶとく自分の道を探すことは辞めないでしょう。

ワガママだって言われてもいいです。

クズって言われてもいいです。

なんて思われたっていいんです。

とにかく僕は僕を諦めたくないんです。

そのためなら手段は選ばないと思います。

それぐらいの覚悟がないと、自分の好きなことで生きていくというのは厳しいです。

とにかく今は実力と信頼を少しづつチャージしないとなって思っています。

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です