メンタルケア

お金を稼げていない自分を否定しなくていい!なんとかなる!

どうも、小松です。

僕たちが住むこの国は「お金が無いと生きていけない」という強烈な思い込みが蔓延しています。

確かに一側面としては正しい見方ではありますが、しかしお金が稼げないからと言って必ずしも生きていくことができないというわけではないです。

ましてや、そのことで自分を否定したり、稼げていないことが恥ずかしいなどと思う必要なんて全く無いんです。

今回はお金を稼げていない自分を否定してしまったり、恥ずかしく思ったりと、ネガティブな思い込みをされている方に向けて書いていきます。

生きていけるならお金はいらない

僕たちはお金が「自分を支えるための道具」になっている場合が往々にしてあります。

つまり、お金があれば自分は自分を肯定できるけど、お金が無かったり稼げなかったりすると、「自分はダメなんだ…」と思ってしまったりしやすいということです。

しかし、それは本当に正しいお金の認識なのでしょうか?

お金は単に取引をするための交換券であって、人間の存在価値を示す値ではないですよね?

なので、お金が無かったり稼げなかったとしても生きていけれさえすればいいんです。

お金がないから自分には価値がないと思ったり、恥ずかしいと思ったりする必要は全く無いと思うんですよね。

お金が無い時は素直に誰かに頼るべき

僕たち日本人は「社会人になったら自分でお金を稼いで自立しないといけない!」という暗黙のルール、風潮のようなものがあります。

だから、社会人になってお金が稼げてなかったり、職についてない人を見ると「なにかしら問題がある人だ」と決めつけたり、「負け組」などというレッテルを貼ったりする習性があると思います。

だから自分の仕事や進路、生き方で悩んでいる人がとてつもなく窮屈な思いをする社会だと思うんですよね。

なので、そういう方はお金が稼げていないことを恥じるのではなく、素直に頼れる人に頼ることが肝心です。

プライドがあるので、なかなか言い出せない気持ちも痛いほどわかりますが、生きていくためには仕方のないことです。

助けてもらってばかりで申し訳ないという気持ちも出てくるかと思いますが、助けてもらったぶんゆっくり恩返ししていけばよいのです。

お金が目的になると人生が辛くなる

お金を稼ぐことを目的にして生きると人生が辛くなります。。なぜなら、お金のために自分のやりたいことを無視してしまうからです。

お金は目的ではなく、自分がやりたいことをやるための手段です。

だから、まず先に考えないといけないのは、目的である「なにがやりたいのか?」です。

さいごに

ということで今回は「お金を稼げていない自分を否定しなくていい!」という話でした。

生きていさえすれば絶対どうにかなりますので、お金がないからといって自分を責めてはいけません。

自分の心と向き合って、自分が何をしたいのかを突き詰めていったり、いま自分ができることをコツコツとやっていくことが大事です。

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました!

POSTED COMMENT

  1. 通がかりのあきま より:

    お金を稼ぐためにお金を稼ぐのではなく、何かの目的のためにお金を稼ぐってことですか?

    • kuririn5128 より:

      イメージとしてはそんな感じです。その「何か」が見つかれば、「お金がない自分はダメだ…」という感情は無くなりますし、「行為」や「行動」に集中することができて、楽しくなります。感覚としては子供の時にゲームをやっていた感覚に近いです。ゲームをやる時って何か見返りを期待してプレイするわけではないですよね?ただやりたいから、楽しいからやっていたはずです。

  2. 通がかりのあきま より:

    なるほど。そう言われてふと懐かしく感じました。確かにそんな日々がありましたね。
    ただ、今となっては大人になり、あの頃とは違って、いわゆる勤労、納税、教育の有名な義務が自分たちにはあるのですが、それでも見返りを求めずに楽しむことはできるのか、どうしても不安になります。。。
    小松さんは今どんな感じですか?彼女さんや親御さん、自分以外の人はなんて言ってくれますか?

    • kuririn5128 より:

      たしかにおっしゃりたいことはわかります。僕たち日本人は真面目な人間が多いことで有名ですから、通がかりのあきまさんのような不安が出てくることも十分に理解できます。

      ただ、それらのいわゆる「義務」と呼ばれるものを最初から全て完璧にこなしていないと死ぬというわけではないですし、生きてはいけないわけではないと思います。(だからといって意図的に果たそうとせず、好き勝手していいと言いたいわけではありません。)

      何事も最初は下手くそですし、1つのことが大成するのにも時間がかかります。なので、僕は焦らないで個々人が個々人のペースで歩めばいいと思っています。そして足りないことは誰かに頼って助けてもらえば良いと思っています。

      ちなみに僕は今自分の好きな活動ができていますし、身内は僕の意見を尊重し、応援してくれます。僕もそれに答えたい気持ちもあるので頑張れているという側面もありますね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です