恋愛トーク

中学2年の時に振られた彼女を何年も引こずってた情けない話

どうも、高専中退生の人生哲学・小松りょうです!

僕は中学2年生のときに彼女に振られたことがあります。

その彼女とは3ヶ月間付き合ったのですが、僕がシャイ過ぎて学校でも全然話せなかったし、学校以外の時間も遊びに誘ったりすること無く交際は終わりました。

まぁ、当時は部活も忙しい時期で勉強以外の時間はほぼ部活にお互い当てていましたからしょうがない部分もあったのかなとは思いますが…

付き合う前からメールをしていて、直接告白するなんて絶対無理だなと思ったので、メールで告白をしたんです。そしたらOKをもらいました。

当時はめちゃくちゃうれしくて、「生きててよかった〜」って思いましたね(笑)

ただ、僕も馬鹿だから浮かれて友達に付き合い出したことをわざわざ言ったので、あっという間に友達の間に話が広がっていきました。

ただでさえシャイな僕なのに、周りの友達から茶化されるようになって余計に彼女のことを意識するようになってしまいました。

中学生なので、カップルを冷やかしたりするなんてことは当たり前でした。僕は中学生にしては少し精神的に落ち着いていたので、ほんとにそういったことをする友達が嫌でした。

付き合いだしてからメールはしていたのですが、学校ですれちがったりしても僕は彼女と目を合わせることさえもできませんでした。(恥ずかしすぎてww)

彼女を学校で見ることができる。それだけで僕は幸せでした。

しかしそんな幸せは長くは続きませんでした。3ヶ月ぐらいたって彼女が別れを告げたのです。

まぁ、ろくに直接話したり2人の時間を取ったりしなかったので、付き合っている意味が無いと判断されたのでしょう。当然です。

それから復縁することはなかったですが、僕はその彼女のことを5~6年引こずることになるのです(笑)長過ぎますよね。たぶん相当好きだったのでしょう。

中学を卒業して彼女とは別々の高校になったのですが、僕は高校生になっても彼女の事を忘れることができなかったのでしょう。自分でもかなり気持ち悪いと思います(笑)

それもあってか、人間が1番恋愛をしたい時期であろう高校生時代に1度も女の子と付き合うことはありませんでした。

ちなみに高2ぐらいの時に友達と一緒に、彼女が通っていた学校の文化祭に行って、彼女の姿を拝見することができました。(もちろんシャイなので話はできなかったと思います。)

ってか、地味に高校生になってからもLINEもタイムラインにコメントくれてたりしていたので、実は彼女もそんなに僕のことが嫌いじゃなかったのかな〜とはおもいます。

しかし、ある時期から彼女とは一切連絡をとることがなくなって、気がつけば僕も20歳になっていました。

19歳になってからは何人か女性とはお付き合いしましたが、いずれもすぐに破局。結局僕はその中学の時の彼女のことが頭に残っていました。

そしてたしか20歳の時だったとは思いますが、思い切って彼女のSMSにダイレクトメールを送ったのです。(LINEのアカウントは消えていましたが、電話番号は生きていました。)

メールの内容は、「改めて会ってみたいです。」的な内容だったと思いますが、僕からしたらかなり勇気を振り絞った1通でした。(我ながら気持ち悪いなと思いながら送りましたww)

数分後に帰ってきたないようはあまりにショックでした。

その内容というのは「私はもう今はあなたに全く興味ない。やりたいこともたくさんあるし、あなたと会う時間なんてない。もう2度と連絡してこないで。」といった感じの内容でした。

心にナイフが刺さったような感じでした。ほんとに辛かったです。「自分を否定された。」「自分ってやっぱり気持ち悪いんだ。」みたいな感情が僕を襲いました。

ですが、何日かしたら気持ちもおさまってきて、現実を受け止めることができました。

そしてちゃんとハッキリ言ってもらったことによって未練みたいなものも吹っ切ることができましたし、結果的に良かったと思います。

彼女が現在元気だといいなと思ってます(笑)

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です