その他

エレキギターを始めるのに揃えておきたいアイテム

どうも、小松です。

今回はエレキギターを始めるために必要なアイテムをご紹介していきます!

それでは早速いきましょう!

アンプ

エレキギターはアンプがないと音が出ません。

家で弾くなら10Wぐらいの小さなアンプで十分です。

シールド

エレキギターとアンプを繋ぐコードのことです。

1mとか3mとか5mとか色んな長さのものがありますが、取り敢えず3mを持っておけば大丈夫です。

クリップチューナー

ギターのヘッドにくっつけてチューニングが出来るチューナーです。

あると非常に便利です。

ピック

弦を弾くために必要です。

ピックにはいろいろな形があります。

取り敢えず、「ティアドロップ」と呼ばれる形のやつと「おにぎり型」と呼ばれる形の2つを使ってみて、しっくりきたほうを使うといいです。

弦は消耗品なので、常に1つはストックしておきたいですね。

手汗を書きやすい人はエリクサーを使うといいです。

エリクサーはコーティング弦なので、なかなか錆びることはありません。

フェンダー系のギター

ギブソン系のギター

ニッパー

ギターの弦を切るための専用ニッパーです。

あると便利です。

スタンド

ギターを弾いてない時に置いておくためのスタンドです。

いちいちギターケースに入れるより、スタンドに置いておくほうがギターをすぐに弾けるので便利です。

ストラップ

ギターを立って弾くためのストラップです。

ライブをする人は立って弾く練習もしないといけないので、買っておきましょうね。

【おまけ】エフェクター

エフェクターは無くてもエレキギターは弾けます。

ですが、続けていると「こういう音を出したい!」という欲求が出てきたり、エフェクター自体に興味が湧いてきます。

欲しいなと思ったら買ってみましょう!

この記事では「マルチエフェクター」という何個もエフェクターが入っているエフェクターをご紹介します。

さいごに

ということで、エレキギターを弾くために必要なアイテムをご紹介しました!

アイテムまとめ
  1. ギターアンプ
  2. ギターシールド
  3. クリップチューナー
  4. ピック
  5. ニッパー
  6. ギタースタンド
  7. ギターストラップ
  8. 【おまけ】エフェクター

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です