メンタルケア

どんなに不安になっても死ななきゃ大丈夫

どうも、無職ニート系ブロガーの小松です!

生きていたら不安になるときって結構ありますよね。

僕の場合、頭の中で悪い未来しか想像できなくなって、生きた心地がしなくなります(泣)

胸がキュッと苦しくなって、「このまま死んじゃうんじゃないか」ってぐらい怖くなるときもあります。

でも、どんなに不安になっても、死ななきゃ大丈夫です。

小松は無職ニートだから余計に

まぁ、無職ニートなんてやってるから人よりも不安になることが多いんだと思います(笑)

普通の人ならこんな状態は怖くてたまらないから、なんとか抜け出そうと必死になるかと思いますね。

じゃあ、なんで僕が就職をしないのか?

なんかそれって、根本的な解決法だと思えないからです。

例えるなら、「聴きたくない音を聴こえないように耳栓をしただけ」みたいな感じ。

たしかに一時的に聴こえなくはなるかもしれませんが、音が鳴り止むわけではないです。

それに、耳栓してるとだんだん耳栓が鬱陶しくなるんですよ(笑)

だから僕はいくら不安になっても流されて就職はしないし、「自分がやりたいこと」を軸にして生きるようにしているんです。

めちゃくちゃ不安になるし、ほんと大変ですけどね(笑)

でもそのたびに「死ななきゃ大丈夫、死ななきゃ大丈夫」って自分に言い聞かせています。

そうやって今日まで生きてきました。

無職ニートは正義僕はいま無職ニートです。 いま自分のやりたいことがなくてモヤモヤしている若者はみんな無職ニートをやればいいのにと本気で思っています...

自分を信じよう

あなたももし周りの人間とズレたことをしていて不安になっても、決して「自分」を捨てないでほしいです。

その「直感」を信じ続けて下さい。

もしその不安に負けて周りの人間と同じような人生に改めたとしても、一時的に不安は消えますが、心の中に「違和感」が芽生えてくるようになります。

その違和感は「あなたのやるべきこととズレてますよ〜!」というお知らせです。

僕たちは結局不安から逃げることはできないんです。(生きてる限り絶対になります)

これは「不安を乗り越える」という試練だし、「不安になっている人に手を差し伸べる」という役目もあります。



不安になった時の対処法3選

不安になった時どうしても苦しいならいずれかの選択をとって下さい。

  1. 誰かに相談する
  2. とにかく感情が落ち着くのを待つ
  3. 自分の感情を客観的に観察する

誰かに相談する

僕も何度もこういった不安に襲われたことがありますから、不安に襲われるという気持ちが痛いほどわかります。

身近に相談できる人がいないという方は、どんな手段でも良いのでお気軽にご連絡ください。(もちろん無料です)

とにかく感情が落ち着くのを待つ

不安は感情なので、消そうとしても消えません。

感情というのは水のようなものなので、時間が経つと必ず流れていきます。

それをひたすら待つという方法です。

感情を客観的に観察する

自分が感じている感情を他人事のように観察すると落ち着くことがあります。

例えるなら、「あ〜、いまオレ(私)不安になってるぞ〜。」って感じですかね。

さいごに

ということで今回は、「不安になっても死ななきゃ大丈夫だよ」という話をしてみました。

この「不安」という感情とは死ぬまで付き合っていくことになりますので、正しい向き合い方を知っておかないといけません。

大変ですが、一緒に乗り越えていきましょう!

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。

「就職しないといけない」なんてルールは無い!周りに流されるな!どうも、小松りょうです。 結論から言います。 就職したくないならしないほうが良いです。 あなたが心から働きたい会社とか...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です