人生哲学

自分が満たされていないのに他人を幸せにできるわけがない。

どうも小松です。

日本人って「迷惑をかけないように生きましょう」とか「人のことを考えて行動しましょう」みたいな精神を植え付けるのが大好きですよね。

人に迷惑をかけていいとは思いません。

ですが、あまりにも人のことを優先させすぎてバグってる人が多い気がします。

日本は人を「従わせる人間」に育てるのが大好きな国です。

だから、自分を抑え込んで窮屈に生きている人が多いです。

自分にできないことは他人にもできない

人って自分にできないことは他人にもできません。

大事なのでもう一度いいますね。

人は自分にできないことは他人にもできません。

英語がしゃべれないのに人に英語を教えることはできませんよね?

当たり前のことすぎて笑っちゃいそうです。

ですけど「幸せ」に関してはそれがわからなくなってる人が多いんです。

不思議ですよね。

どういうことかというと、自分も幸せにできてないのに他人を幸せにしようとしている人がたっくさんいるんですよ(笑)

なぜこんなことが起こるのか?

なんでこんな人が出てくるんでしょうか?

かんたんですよ。

とにかく人のことを優先するという自己犠牲精神を植え付けられているせいで、自分を幸せにすることの重要性を忘れているんです。

要はマヒしちゃってるんですよね。



こんなセリフ聞いたことない?

「自分のことはどうだっていい。君は幸せになってくれ。」

なんとも耳障りが良いセリフですよね(笑)

日本人はこんなセリフが大好きだと思います。カッコよくてステキだと感じると思います。(あなたもそうじゃないでしょうか?)

でも僕からすれば余計なお世話以外の何物でもないです。(口が悪くてすみません(泣))

でも、翌々考えてみてください。

例えば、あなたは英語ができない人に英語を教わりたいですか?

「僕は英語しゃべれないけど、君に喋れるようになってほしいから教えるよ〜」って言われたらなんて反応しますか?

「いえ、結構です。」

ってなりません?(笑)

むしろ間違ったことを教えられそうで怖いですし、ただただ時間のムダですよね。

幸せになりたいなら幸せな人と

幸せも同じです。

幸せじゃない人に幸せにされようとすると、間違いなく不幸になります。

幸せじゃない人ってつまりは不幸な人ってことだし、不幸な人といると人って100%不幸になりますから(笑)

不幸でも頑張ってくれる人はいると思いますけど、その姿を見ても嬉しくはならないでしょう。

「あぁ、このひとムリしちゃってるなぁ・・・。」ってなると思います。

そんな状態ではお互いが足を引っ張り合うだけなんですよ。

だから、幸せになりたいなら既に幸せになってる人じゃないといけません。

あなたは幸せな人と幸せになってくださいね。

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です