ブログ攻略

人は「自分にもできそう!」と思わせてくれる発信者に付いていく。

どうも、小松です。

今回は情報発信の話で、「人はどんな人に付いていきたいと思うのか?」ということを話していきたいと思います。

ブログやYouTubeをやっていたら「沢山の人に注目されたいな〜」とか「沢山の人の役に立ちたいな〜」とか、そういったことを考えると思います。

しかし多くの人は「自分には大きな実績とか圧倒的なスキルとかが無いから、誰も付いてこないでしょ。」って思っています。

ですが人というのは、そういう圧倒的な力を持っている存在よりも、「自分にもできそう!」って思わせてくれる人に付いていきたいという生き物です。

圧倒的な結果を出している人は逆に不利?

例えば、どんな分野でも「圧倒的な結果」を出している人っていますよね?一見するとそういう人のほうが沢山の人が付いてきそうな感じがします。

ですが、そういう人ってあまりにも出している結果が凄すぎたり、能力が高すぎて、「この人は特別だからな…。」とか「この人だからできたんでしょ?」みたいに思われて、少し引いた目で見られがちです。

仮にその人が「あなたも僕と一緒に〇〇をやりましょう!」って言ったとしても、「いや、自分にはできそうにないんで、遠慮しときます。笑」みたいになっちゃうんですよね。

(圧倒的な結果を出している人を否定しているわけではありません。)

平凡な人の方が絶対に有利!

そういう人よりも、めちゃめちゃ失敗してきていたり、どん底を見てきていたり、大きすぎない結果を出している平凡な人の方が、意外にも人が付いてきたりします。

そういう人のほうが「自分にもできそう!」と思えるからです。

だから、もしあなたが圧倒的な結果を出しているような人じゃなくても、誰かを引っ張ったり、役に立つことは十分可能です。

圧倒的な結果を出している人じゃないとダメだなんて固定観念は捨て去って下さい。

できることを丁寧にやっていこう

なにか人並み外れたことをやろうとしなくていいので、とにかく今の自分にできることを精一杯、丁寧にやっていきましょう。

わからないことがあれば、素直に「わからない」と言ったり、勉強したりすればいいだけの話です。

自分よりも大きな結果を出している人を見て悲観的になることはありません。

とにかく情報発信は焦らないことが大事です。

他人と比べて落ち込んでしまう時の対処法!心が軽くなる捉え方!どうも、無職ニート系ブロガーの小松です! 人生を生きていると自分と他人を比べて落ち込んでしまうことってよくありますよね。 自...

さいごに

ということで今回は、人は「自分にもできそう!」って思わせてくれる人について行きやすい」という話でした!

あなたという個性を活かせば、必ず素晴らしいオンリーワンの発信ができますので、自分自身を信じて前向きにやっていきましょう。

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました!

何も実績が無い自分を尊敬しよう!そんなあなただから人が集まるどうも、高専中退生の人生哲学・小松りょうです。 何かビジネスを始めようと思ったときに、全く実績がない自分を悲観したり、「こんな自分...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です