人生哲学

「在りのままの自分を活かすだけでいい」に気が付ければ勝ち

どうも、小松りょうです。

人生を生きていると、何のために生きているのか分からなくなって混乱したり何を手に入れても虚しくなってしまったりします。

今回はそんなお悩みを持たれている方に向けて、その解決法をご提案させていただきます。

ぜひ最後までご覧ください。

外側の「何か」を追い求めてしまう

僕たちは常に自分と他人を比較して「あの人みたいになりたいな…」とか「どうしてあの人は持ってるのに自分には無いんだ…」嫉妬したり、羨ましくなります。

そして「あれさえ手にさえすれば自分は幸せになれる!」と、自分に足りないものを求めて外側にある「何か」で自分を補おうとします。

ただ、経験がある方もいらっしゃるかもしれませんが、「これさえあれば!」と思っていたものを手に入れても、思っていたほど幸せを感じれなかったり、むしろ虚無感に襲われたりもします。

そして「これじゃなかったんだ…」と、再び外側に自分が必要なものを探し、またそれを手に入れようとする、ということを繰り返します。

これでは永遠に満たされる日は来ません。

本当は足りないものなんて無い

僕たちは、幸せになるために必要なものは最初から全て与えられています。

「足りない!」と思ってしまうのは、人間に誤った価値基準思い込み固定観念があるからです。

そして大抵の人は外側の「何か」を追い求めている過程でさまざまな体験をして「本当は足りないものなんて無かったんだ」ということを自覚します。(僕もそうでした。)

大事なものは全て自分の足元にあるんです。

しかし、メガネをかけたままメガネを探してしまうような感じで、本当は最初から持ってるのに、それになかなか気が付けないのです。



自分を知って、自分を活かす努力をしよう

幸せになるために必要な材料は全て揃っているので、あとはそれを使って自分を表現していくだけです。

自分を知って自分の活かし方がわかると、自己表現が楽しくなります。

いままでの「足りない!欲しい!」という「奪うエネルギー」から、自分から外側に出る「与えるエネルギー」に変わります。

なので、人生が虚しい方は、自分を知る努力をされることをおすすめします。

僕も自分と向き合い、自然な在りのままの自分を活かせるようになってから、本当に人生が楽しくなりました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です